5月21日探偵の日・・・0276-55-0199

探偵の日

探偵協会では、社会公共に対し探偵に親しんで頂き、 あらゆる問題解決の力強いパートナーである探偵という職業ををピーアールする目的を以って、探偵の日を制定させて頂きました。結論から申しますと「探偵の日」につきましては、現在の所毎年5月21日とさせて頂いております。

これは探偵協会「探偵の日選定委員会」の厳正な審査基準により決定されたものであり、その選定の基準につきましては、「日本国内で100%民間資本の日本人が、広く一般大衆に対し探偵調査を請け負う広告を実施した日」。というものとなっております。

現状過去数10年間の探偵業の歴史に於いても「我こそは探偵の元祖である」と主張する者が複数名おり、正しい歴史認識を以って、非常に治安の悪い時代に命をかけて真実を追求し、強きを挫き、弱きを助ける活動を真剣に行った者を称え、これにより、その探偵業務の大切さを認識すると共に全ての探偵に誇りを持ってもらうことを目的としております。

実は、選定基準(探偵の定義)につきましても現在も尚激論が交わされており、江戸時代初期の浪人も人助け(所在調査等)の広告を実施していた古文書があるとか、読めないとか、それは、単なる兵(為政者や企業に雇用されている者)であるとか、忍者などの諜報機関は、軍閥からの雇用を離れれば、元祖探偵に入らないのか?とか、その人物の誕生日が適切ではないか?とか、戦国時代の軍閥はどこからが民衆勢力か?その諜報部門の立場は?とか 現在も尚、情報収集検証中であります。取り敢えず、決定した日付につきましては、明治24年(1891年)5月21日に当時の朝日新聞に帝國探明會という民間企業が詐欺師や盗人の所在を調べる。他人の行動調査を実施する。以上。との広告を広く市民に向けて出稿していた事実が判明した事によるものです。現在も尚、歴史を遡っての調査、研究、検証中でありますので、「先祖が調査に携わっていた?らしい」等の方は、是非ともお気軽にお問い合わせ下さいませ。

正式に探偵業界団体過半数の信任を得て、日付を決定し、イベント等を盛大に企画したいと考えております。次年度は、2016年は、5月21日土曜日正午~上野公園内西郷隆盛像前にて名刺交換会を予定しております。地元の図書館等で調査して頂ける探偵協会探偵の日選定委員会委員(ボランティアスタッフ)を募集します。名刺に委員である旨を無償にて記載できます。お気軽に御来訪くださいませ♪













「群馬県探偵協会」は、長年の実績に基づき、責任をもって管理・監督・指導をした全国の加盟員探偵事務所により構成されています。初めて探偵社・興信所へ調査依頼をご検討の方は安心して当協会へご相談下さい。相談は0276-55-0199まで







<< 前のページに戻る

法テラスは国が設立した法的トラブルの解決窓口です。

群馬県探偵協会のFB

↑ PAGE TOP


社団法人探偵協会 会員 群馬県探偵協会
群馬本部
〒374-0024 群馬県館林市本町2-2-14 アドホック館林2F
TEL:0276-55-0199 FAX:0276-55-0048